F7 ファーストワット ステレオパワーアンプ【20W+20W & Mos-FET】 FirstWatt JFET-パワーアンプ

Chacott × Tripure

F7 ファーストワット ステレオパワーアンプ【20W+20W & Mos-FET】 FirstWatt JFET-パワーアンプ



【返品種別A】
□「返品種別」について詳しく□
2016年04月 発売


メーカー保証期間 1年


「担当者のコメント」

★最新パワーアンプ「F7」のパワーアンプ回路は、片チャンネルあたり、入力に2基のJ-FETと、電力出力に2基のMOS-FET、そして、4個の抵抗器だけという、実にシンプルな構成です。信号経路には、コンデンサーやトランスは一切挿入されていません。音の立ち上がりに寄与するダンピングファクターは100と、同社の歴代製品の中でも桁違いの大きさです。
サウンドは、透明度が高く、しなやかなサウンドで、楽器の倍音の再現が真空管アンプのように柔らかく豊かで、「これが本当に半導体のアンプの音なのか? 」と疑いを持ってしまいました。音楽ジャンルに関係なく、とにかくナチュラルで、素直な立ち上がりと正確な音色の再現性は、余計なものが加わっていない、原音そのものを聴かせてくれていると感じました。
確かに、パワーは大きくないため、小型の超低能率スピーカーでは、その真価を十分発揮できないかもしれません。しかし本機には、スペック以上の駆動力が備わっているため、余程の大音量を要求しない限り、小型スピーカーを比較的小さなお部屋で聴かれるなら、十分なパワー感も得られると思います。さらに、高能率スピーカーでは、十分な低音の量感・力強さも得られます。
さらに詳しくは、ハイエンドオーディオスタッフブログまで! 


◆FirstWattはNelson Passの “kitchen-table”、ハンドメイドブランドです。
FirstWattは実効能率の高い高品質スピーカーの為の非常にシンプルで高品質な低出力オーディオアンプの開発を主旨としています。
これらのアンプはNelson Passによるハンドメイドのため、非常に限られた数量の製作となります。
増幅コンポーネントとしてのオーディオアンプはどう有るべきか、その命題について実験的に制作する製品がFirstWattです。
自然界におけるシングルエンド動作、理想的なアンプ増幅動作を達成するために三極真空管シングルアンプの音質の魅力を、半導体アンプで、それ以上に実現しようと試みられています。

◆理 念
「ファーストワットで最も重要視しているのは最初の1ワットです。」とDick Olsherに評されたFirstWattですが、この批評は、「1ワットでうんざりするような音が聞こえたら、500ワットのアンプの音を誰が聞きたいと思いますか? 」ということを表しています。
この点をメインテーマに1998年にPASSのサブブランドとしてFirstWattをスタートし、音質に重点を置いた例を見ない低電力アンプを探求しはじめました。小型アンプは、フィードバックがほとんど発生せず、単純なクラスA回路で、非常に高い品質を達成できる点で高出力の物に比べて多くの利点があります。

◆特 徴
最新のSIT素子によるSIT1/SIT2パワーアンプはシングル動作/ノンフィードバック/抵抗負荷の組合せによるハイファイアンプとしてその自然感のすばらしさや、サウンドステージの広さ、音響空間の正確性で大きな注目を集めています。
最初のFirstWattアンプはチューブ・アンプとしばしば比較されていますが、チューブ自体を模倣するようには設計されていません。
これらのアンプは、フィードバックがほとんど発生しない単純な回路を持ち、個々のゲインデバイスの性能を特徴としている点で、より優れたチューブ製品の特性をいくつかを併せ持っています。

◆ターゲット
FirstWattというブランドは、商業的には適切でないかもしれないアンプですが、様々なアンプを設計・探究するために存在しています。
FirstWattの製品は奇妙な特性と出力電力定格が25ワット以下なので、汎用性の高いアンプとは言えません。
能率の高いスピーカーをお持ちで、妥当なレベルで聴き、主観的なパフォーマンスに悩まされているなら、おそらく適切な選択と言えると思います。
完璧なアンプというものはありませんが、すべてのオーディオファンとその関連機器には特定のニーズがあります。
いずれのニーズにおいても最高のアンプというものがあり、これらはあなたに幸せをもたらすでしょう。

◆周波数特性の広帯域化: 100kHz -3dBの高域特性。
◆低歪: 1watt出力時、0.05%の歪率。
◆十分なAクラス動作域: 4Ω30Wの最大出力ながらピーク50WでもAクラス出力が可能。
◆単純な回路構成: 増幅回路は入力端子から出力端子までの音楽信号の通る増幅回路にキャパシタやトランスを介していません。片チャンネル2個のJFET、2個のMOSFET、4個の抵抗だけで構成されています。
◆最低限のフィードバック: 少量の正電流帰還(positive current feedback)をかけることによって回路を安定させいます。熱歪とDCドラフトが安定し、出力段の動作の無変性(増幅率や歪率、過渡特性などが帯域により変化しない)を追求しています。
◆電源部: DAC、PCなど外部機器が発生する高周波ノイズからの影響を排した電源部を採用しています。


■ 仕 様(120V AC/8Ω負荷)■
  • 歪み率 @1watt: 0.05%
  • 入力インピーダンス: 10kΩ
  • ゲイン: 14dB
  • 入力感度(1watt):0.57V
  • 入力感度 (最大出力): 2.53V
  • ダンピングファクター: 100以下
  • 最大出力(8Ω): 20watts @1% THD 1kHz
  • 最大出力 (4Ω): 30watts @1% THD 1kHz
  • 周波数特性: -3dB @1Hz 50kHz
  • ノイズ: 100uV unweighted 20-20kHz
  • 消費電力: 160watts
  • 外形寸法: (幅)430×(高さ)143×(奥行)390mm
  • 重量: 12.1kg

その他


(※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

【お詫びとお知らせ】ローライズスパンメッシュタイツ販売価格過誤について (2016年8月4日更新)
FXF90MMF2RLMWR 富士フイルム フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR ※富士フイルムXマウント用レンズ

ジャンル/Genre

F7 ファーストワット ステレオパワーアンプ【20W+20W & Mos-FET】 FirstWatt JFET-パワーアンプ F7 ファーストワット ステレオパワーアンプ【20W+20W & Mos-FET】 FirstWatt JFET-パワーアンプ

ジャズダンス/ヒップホップ/タップダンス/シアターダンス

化粧品/メイク用品

F7 ファーストワット ステレオパワーアンプ【20W+20W & Mos-FET】 FirstWatt JFET-パワーアンプ F7 ファーストワット ステレオパワーアンプ【20W+20W & Mos-FET】 FirstWatt JFET-パワーアンプ

ダンスキューブ・カフェ [ 勝どき ]

Chacott Web Magazine Dance Cube